毎日更新するブログ

毎日更新して1年が経ちました。

【ヘレンド・アポニーオレンジ】誕生日プレゼントにヘレンドを貰った嬉しい話。

f:id:stella369:20210322204144j:image

今月末に誕生日を迎える私。

 

今ヘレンドにハマっているので、

ちゃっかり色んな方向にヘレンドをねだった私w

 

【ヘレンド・アポニーグリーン】夫の誕生日に低糖質なパウンドケーキを焼いた話。 - 毎日更新するブログ

 

そして!今日!!

夫のお母さん・お兄さん・お兄さんの奥さんから…

f:id:stella369:20210322201348j:image

佐川急便で【われもの】が届いたーーーーー!!

われものって言ったら、アレしかない!アレだ!


f:id:stella369:20210322201338j:image

送られてきた所は、ル・ノーブルさん。

 

f:id:stella369:20210322205622j:image

やったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああー!!!


f:id:stella369:20210322201342j:image

開封開封開封開封

驚いたのが紙袋にもプチプチがwww↑

丁寧な梱包をありがとうございます。


f:id:stella369:20210322201357j:image

うぅー❤︎


f:id:stella369:20210322201324j:image

ハッピーバースデーのシール付き❤︎

ありがとうございます!!


f:id:stella369:20210322201345j:image

鼻息荒めでw 箱オープン!!


f:id:stella369:20210322201400j:image

ヘレンドって書いてあるぞー!

 

f:id:stella369:20210322214057j:image

やったぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああー!!

ヘレンドきたぁぁぁぁぁぁぁぁーー!!

ヘレンド、ヘレンド、ヘレンド、ヘレンド。


f:id:stella369:20210322201353j:image

このフォルムは…

カップなような気がする…


f:id:stella369:20210322201404j:image

カップらしきフォルムの下から…

ソーサーらしきフォルムが出てきたぞ… 開封!!

 

f:id:stella369:20210322204144j:image

きたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああーー!!

 

アポニーオレンジ。

ティーカップ&ソーサーーーーーー!!

 

f:id:stella369:20210322201433j:image

カップの裏側も素敵↑きゃー❤︎

 

f:id:stella369:20210322215905j:image

嬉しい!!

お母さん・お兄さん・お姉さん

ありがとうございます!私は幸せです!

 

f:id:stella369:20210322202645j:image

先日、ルポポで使う用に購入した

ヘレンドの兼用カップ・アポニーグリーン↑

 

【銀座・ルノーブルさん】ルポポで使う高級食器を銀座に夫と取りにいってきた話。 - 毎日更新するブログ

 

せっかくなので、この2つの違いを見てみよう。

 

f:id:stella369:20210322214932j:image

パッと華やかなのがグリーンで…

 

f:id:stella369:20210322220003j:image

シックで気品を感じさせるのがオレンジ

まさに大人のティーカップ】!きゃー❤︎

 

f:id:stella369:20210322203815j:image

イメージはこんな感じw↑

マダムが気に入っていつも使ってるカップみたいな。

いやー、素敵です。あぁ、嬉しい❤︎

 

f:id:stella369:20210322201428j:image

カップの付属で付いてきた紙↑

これが面白かったので、ぜひ紹介したい。

 

ヘレンドは1826年ハンガリーの西の端、

オーストリアとの国境近くに誕生しました。

 

当時のハンガリーは「貴族の中の貴族」といわれた

ハプスブルク家の統治下にあり、ヘレンドもウィー

ンの宮廷サロンでその技術に磨きをかけていきます。

 

繊細な手描きの技法で作り出される美しい器は、

皇帝フランツ・ヨゼフやエリザベート妃をはじめ、

多くの王侯貴族に愛され、ヘレンドの名を広めてい

きました。

 

現代にあっても「あつらえの器」としての誇りを失

わず秘伝の技術を伝承し続けています。

 

f:id:stella369:20210322221024j:image

ハプスブルク家!そうそう。

昔イタリアに行った時にタクシーの運転手さんが

 

「ここね、ハプスブルク家の建物ね!」

「あ、ここもねハプスブルク家の建物ね!」

と教えてくれて、

 

ハプスブルク家の建物多すぎかwww

と思ったのを思い出したw

 

f:id:stella369:20210322222225j:image

目が肥えた貴族の元で作っていたら、

いつのまにか一流ブランドになっていたw

 

そんな感じだったのかもしれない。

ものづくりの歴史は面白いなと思った。

 

このティーカップでお茶を飲みながら、

私は夫と貴族ごっこをしようと思うww

f:id:stella369:20210322223014j:image

今日も読んでくれたあなたに感謝。

読者さんいつもありがとう!

それではまた明日。

愛と感謝を込めて。

2021.3.23

 

《ステラさん通信》

いつか行ってみたい国はハンガリー

現地価格で大量に購入してみたいwww