ステラさんの毎日更新するブログ

毎日更新して1年が経ちました。

【ブログを始めて81日目】時間は過去から未来に向かって直線には進んでいないということが段々分かってきた私の話。

f:id:stella369:20200828014620j:image

これを記事にするか

私は正直少し悩んだ。

 

ここ最近、時間に関して

あれ??っと思うことが日常の中で何度もある。

 

だがしかし、

確証も証拠もある訳ではなく

おかしいなと思った私自身の違和感のみ。

 

それを記事にしていいものかどうか悩んだが、

もしかしたら私と同じように感じている人も

いるかもしれないと思い書いてみることにした。

 

 

さっそくだが結論からいうと

(今の自分の経験から出した結論)だが、

 

時間とは、

 

【今の瞬間】に同調した過去と未来が

【3つでひとつのセット】になっていて、

【今の瞬間】が変わると過去ももちろん変わる。

つまり時間は過去から未来へと一直線ではない。

 

ということである。

 

私たち人間が

今まで教えられてきた時間の概念は、

【過去から現在から未来へと一直線】である。

 

つまり、

【過去は絶対的なもので決して変えられない】。

これが常識だった。

 

しかし私はこの【過去】。

最近、ん???と思うことが何度もあるのだ。

 

ある時、

私は夫とリビングでYouTubeを見ていた。

流れていたチャンネルは

ディズニー系のYouTubeチャンネルだった。

 

私はこの時、

動画とは全く関係ない内容の

「カリン様って何??」と夫に聞いていた。

夫は「ドラゴンボールに出てくる神様だよ」と。

 

そしたらその瞬間!!

リビングで流していた

YouTubeチャンネルの人が

ドラゴンボールのカリン様について話し始めたのだ。

ディズニー系のYouTubeチャンネルなのに。

 

しかもこの動画。

3年前の動画である。

 

実はこんなことが、最近しょっちゅう起きる。

偶然にしては、あまりにしょっちゅう起きるのだ。

 

YouTubeの過去動画と

今この瞬間の自分の思考とがシンクロをよく起こす。

 

あなたは

インターステラー】という

映画を観たことはあるだろうか????

 

主人公のお父さんが

ブラックホールの中に落ちてしまい、

落ちた先の場所は地球にいる娘の部屋の本棚の裏。

 

しかもその本棚の裏は無数にあった。

ひとつの時空間が無数に積み上がっていたのだ。

 

私のイメージでも時間は

上下左右無数に積み上がった箱のような感じである。

 

f:id:stella369:20200828053645j:image

 

上下の真ん中が【今】で、

過去・現在・未来3つでひとつのセットになった箱。

左右はそのセットとは【別のタイムライン】。

 

うまく伝えられているか

かなーり不安だが、

これが今の私の語彙力の限界である(苦笑)。

 

 

もっと分かりやすく説明したいな。

 

時間とは、

【今この瞬間】の上書き保存、その繰り返し。

 

つまり自分が覚えている【過去】と

【今】は実は何の因果関係もない。

のかもしれないなと思い始めている。

 

私たち人間が

【今この瞬間】を上書き保存する時に

自分が覚えている過去も

一緒に載せて保存してしまうために、

 

余計な過去の思い出も上書きされ

嫌な思い出が継続されていくのかもしれない。

 

では、どうしたらいいのか。

正直、これは私も疑問なのだ。

 

思い出せないほど忘れてしまう。

これが出来れば1番いいのだろうが、

嫌な思い出ほど強烈に印象に残してしまったりする。

 

では、これはどうだろうか。

【嫌な思い出から意識的にフォーカスをズラす】。

これは、かなり効果的だと私は思う。

 

【嫌な思い出】からフォーカスをズラすことで

【嫌な思い出】を思い出す時間をあえて減らす。

 

これをやっていると、

【嫌な思い出】の印象はかなり薄まってくる。

 

【今この瞬間】を上書き保存する時に

【嫌な思い出】はかなり薄まっているために、

今この瞬間の自分にはほぼ影響力がなくなっている。

「もうどうでもいいや!」となっているのである。

 

私の実際の話。過去記事↓↓

【ブログを始めて49日目の午後】昔の話をすることに飽きてきて、今日と未来の楽しい話だけがしたいという私の話。 - 雰囲気で生きてる

 

スムーズに

 

【今この瞬間】を

 

上書き保存をしていくために

 

【瞬間瞬間、忘れていく】。

 

案外これがとても大切なのかもしれない。

 

f:id:stella369:20200828030710j:image

今日も読んでくれたあなたに感謝。

全部忘れて今日を新しく過ごしてね。

それではまた明日。

2020.8.28

 

《ステラさん通信》

これを書き終わった瞬間、

私は左足の指をドアストッパーにぶつけた。

かなりの衝撃でぶつけてしまい腫れた。

この出来事を忘れれば次の瞬間、

私の指は何事もなかったことになるはず。

だが痛すぎて無理である(笑)

しかし、

記憶を超えることが出来るものがあるはずだ。

やはり想像力という【意識の力】だろうか。